小学生の春休みの保育問題をシルバー人材センターの派遣バーバで解決した人の話

昨夜、FacebookのTL見てたら、こんな話が!(ご本人の了解を得て、転載させていただいております)

小学生の春休み対応

1、3、5年生男児×18時まで大人不在な我が家
3人まとめて学童も、帰宅まで放置も、微妙によろしくない感じ(ーー;)
バーバ召喚も考えたけど、子供たちみんな外に遊びに行ったら、バーバ退屈じゃん!

ん、まてよ…

要するに、大人がチョイチョイ居れば良いのだ!

という訳で、有料のバーバ@シルバー人材を思いつきました

ダメ元で電話したところ、 初の依頼内容だと言われたものの、センターの方には本当に親身に相談にのっていただき、無事、お昼と夕方のバーバを契約することができました
これで一安心♡♡♡(*^O^*)
(ただし、対応はシルバー人材センターでマチマチだと思われるので、当たってみるべし!)

ちなみに、ファミサポもアズママも考えたけど、
・相手のお宅での預かりになること
・近所とは限らない
というわけで、却下です

ナント!!その手があったか!!!

確かに、ファミリーサポートセンター事業AsMamaも、支援者の自宅での預かりで未就学児~小学校低学年にはいいんだけど、小学校高学年ともなると、人の家に預かられるよりは、自分の家で好きなことをして過ごしたいお年頃で使いにくい。

その後、ご本人とメッセージでやりとりさせていただき、さらに詳しくお話をうかがいました。

棚ぼた的だけど、血縁関係が無いが故に、金銭契約が発生することと、良い緊張感が維持できそうなのが、またいい

分かる。自分も休職前の1年間ほどは、民間の家事代行サービスを利用して2~4週間に一度、週末の掃除をお願いしてた。
うちの子供達のことも孫のように思ってかわいがってくださってたけど、あくまで金銭契約なので、こちらも親に頼るようにはいい加減な指示出せないし、あちらもあくまでこちらがお客という立場で接していただいて、いい緊張感だった。

そのときに来ていただいていたのは、親と同じくらいの年代の女性。家事スキル抜群で、自分で掃除するより断然クオリティが高い。
最初こそ他人が家にいることにストレスを感じていた子供達も、2、3回で慣れて、彼女の指示で掃除を手伝ってくれるように。

気になる費用はというと、

1日、昼夕1時間ずつで2200円 ※あくまで今回のケース

やっす!!

学童に預けると子ども一人当たりいくらなので、この方のケースでは小学生×3人の学童費用になるところを、派遣バーバ一人の時給で済む。
この方がお願いしたシルバー人材センターでは、一日の作業時間は最低2時間から。
今回は、お昼と夕方の1時間ずつの見守り、トータル1日2時間という形で受けてくれたそうです。

自分がお願いしてた家事代行は2時間で5,000円から7,000円ほど。(業者と頻度によりけり)

ちなみにシルバー人材センターの派遣バーバに、家事代行をお願いすることもできるようです。

次からは絶対、シルバー人材センターに相談する!!!!!

未就学児への保育支援は選択肢があり、年齢的にも大人主導でOKです
低学年も1人だと学童がメイン。でも学童しかない(ファミサポはギリ?)
問題は、中学年~高学年を適度な距離感で見てくれる大人の存在がない。この時期が難しい
学童が3年生までの学校もあるので、小4の壁って言われますが、心の成長に伴う自立心と行動を見守れない=安全に過ごせるかが不安な親心の葛藤の時期でもあると思います
近所で支え合う大人の目な仕組みがベストだと思っていたので、シルバー人材は、スーパーホームラン!!

遠くの親戚より、近くの他人!

子どもの居場所作りの為に、無償/低価格の子ども食堂や学習支援の場という「子どもを集める施設/装置」ばかり考えていましたが、子ども達のホームグラウンドである自宅への出張型、派遣型もアリですね!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)