幼児のイベント同伴(せざるを得ない環境)、どうにかならんかね?

もっと一時保育や一時預かりが気軽にできるようになったらいいのになぁ。
小さい子供を預けて、親が自分の人生を楽しみに出かけることが、「どんどん行きなよ!」って推奨されるぐらいになったらいいのになぁ。

送迎・託児の安心頼り合い AsMama「子育てシェア」とか日本にベビーシッターの文化を – KIDSLINEの想い – キッズラインみたいなのがもっと普及して、みんなどんどん利用したらいいのに。

昨日行ってきたおそ松EXPO。
IMG_42042
たまたま整理番号順で前後した小学生と2歳ぐらいの幼児をお連れのお母さんが、ベビーカーから縄抜けする下のお子さんを追いかけたり、展示物を触らせないようにしてたのが、すっごい大変そうだった。

あんな小さい子にいくらスタッフが「展示物にはお手を触れないでくださ〜い」って呼びかけたって聞くわきゃないし、代わりにお母さんが「触っちゃダメ!!」「一緒にいて!!」って怒ってるの見ると、
周りに申し訳なく思ってんだろうな、とか、自分の好きなように見て回れなくてイライラするよな〜、
って、こっちも経験があるから、どうにかお母さんにも楽しんでもらいたくて、気になって仕方ない。

(ああいうの見ると、うちのが小さい時にも着けたけど、ハーネスって本当必要だよ。
興味のあるものに向かって、パーっと走って行っちゃう上に、身長低いから、大人の人影に紛れてすぐ見えなくなっちゃうし)

上のお子さんの方は、すっかりうちの子供達と仲良くなって一緒に回って見てたので、そっちを気にしてたんだけど、むしろ、下のお子さんの方の面倒を買って出てあげた方がよかったかな〜、お母さん、少しは展示物楽しめたかな〜と、ちょっとだけモヤモヤ。

ああいうとき、どうすんのがいいんだろうね。

下のお子さんの方は、おそ松EXPOに連れて行かれても、退屈&暑い&怒られるばかりでいいことないしなぁ、
(屋外での待ち時間の間、うちの子供達とお兄ちゃんとでさんざん遊んでたし、グッズ引換所のスタッフさんにも愛想ふってもらってたけど)
小学生のお子さんとお母さん二人で来てたら満喫できたろうになぁと思い、やっぱり気軽に小さいお子さんを預けられる環境って、親御さんだけでなく他のきょうだいの為にも必要だよねと思った次第。

まだまだ、一時保育やベビーシッターって心理的にも価格的にもハードルが高いんだろうなぁ。
自分も子供達が小さい頃は、出かけることの方を諦めて、結局利用しなかったしなぁ。
週末の一時保育をお願いして、とあるセミナーに行こうとしたこともあったけど、その直前にぶっ倒れたし(苦笑)

たまーに近所の古くからの友人に、どうしても残業したいときに保育園と学童のお迎えと夕飯、お風呂をお願いしてたことはあるんだけど、こっちから一方的に頼ってばかりだったので、申し訳なく思ってた。

そんなこんなで、子育てシェアのサービスを知ったときは、「これだ!!」と思ったんだよね。

お迎えに間に合わない、少しリフレッシュしたい、などちょっとの間、子どもを安心して気軽に預けられるところがあれば…という思ったことありませんか?そういうとき友だちや知り合い同士で活用するのが子育てシェアです。
友だちや知り合い同士で使うので親も子どもも安心。子どもは習い事や遊びに行く感覚で預けることができます。

万が一の保険も降りるし、ちゃんと報酬を払って預かってもらうので、預かってもらう方も心理的な負担は減るし、預かる方もなぁなぁにはできないので、単なる知り合い同士の預け合いより心理的負担も低くて、安心感が高い。

たまには週末、お母さん一人で出かけたい、とか、上のお子さんとラブラブデートしに行きたいってときには、頼ってね。
見知った知り合いの家で、あたかもじじばばの家に来たように、もしくは、その家の子供達ときょうだいのように、預かられる子も楽しく過ごせていいよ。

Asmamaの子育てシェア、オススメです。

↓自分も登録してます↓
送迎・託児の安心頼り合い AsMama「子育てシェア」

ちなみに某・◯光市で行われるイベントは、特に小さい子持ち世代が対象ってわけでもないのに、たいてい託児がついてる。
託児つきじゃなくても、誰かしらお世話してくれる人がいるので安心です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)