からっぽの自分を満たそうぞ 〜完全休業宣言

6日におそ松EXPO行ってから、日に日に背中と首の痛みが増してきて、パソコンの前に座れなかったので、ブログ更新が空いちゃった。
ま、いっけど。

今日は、旦那が盆休みに入ったので、子供達は旦那に連れられて遊びに行ったので、久しぶりの一人おうち時間。
誰もいないと、掃除が捗る。

一昨日、ハローワークで雇用保険の延長申請してきたし、会社から返送されてきた健保への傷病手当金の申請書を病院で訂正してもらった。
傷病手当金の申請書は、昨日、旦那に会社に提出してもらって、それから連絡ないから多分、大丈夫(なハズ)

これでやっと、一通り退職後の手続きは済んだかな〜。

ハロワでは、「(雇用保険の延長期間中に働くと、雇用保険の受給資格がなくなりますから)
働かないでくださいね
と念押しされた(笑)

(色んな意味で)働けるくらいなら、傷病手当金なんてもらわないで、さっさと職業訓練に通うなり、転職活動してますがな…って話でね。

ハロワの後に行った病院でも、訂正を求められた書類にあった診察日を証明する欄について、先生がため息まじりに
「病院に行く元気もないってこともあるのにね…」
と同情してくれた。

まぁ、これからは、元気になりたくない理由の一つもなくなったことだし、傷病手当金の申請のためにも最低でも月に一回は通いますよ。

お正月に帰省した時に、Facebookで知り合った方々とお食事をご一緒した時に、
「幸せを感じるってどうしたらいいんですかね〜」
「ただ『幸せだなぁ』って思えばいいんだよ」
「やりたいこと、何にもなくて…」
「『◯◯◯やりたいなぁ。でも……』の『でも』から後は、考えないようにしたらいいよ」
って言われたの、ちょっとずつできるようになってきたかなっていう実感が湧いてきてる。

働かない我が人生、セラヴィ!

じゃないけど、
中学受験の勉強始めてからこの方ずっと「自分一人で食っていける職業に就いて、働く」ことが目的のレールに乗って来て、もう疲れたから、旦那や保険に食わしてもらって、しばらく働かないことを貫くのも悪くないかと。

3月に行った長野の泥だんご合宿でも、
「自分が満たされてない人がビジネスやると、人から奪っちゃう。
まずは、自分を満たして、溢れ出した分でビジネスやりなさい」

って、誰かが説教されてた(笑)

休職中、家事も子供のことも、自分自身のことすらままならないのに、一人でやってて疲弊してた。
何にも人に提供できない自分が無価値に思えて◯にたくなったり、その無価値感を埋めるために友達のこと手伝ったりしてたけど、それじゃ、会社に行ってた頃と何も変わってなかったかもねぇ〜。

かさこ塾のプレゼンで、あんなことやりたい、こんなことやりたいって言ってはみたものの、本当に本心かな?
まだいい子ちゃんの皮、被ってたいだけじゃねーの?
って、悪魔の自分が囁いてくる。

旦那が帰国して、子供達のことは、何の心配も負い目もなくほっとけるようになったし、やっと自分で自分を満たすためのことができるようになってきたかな。

というわけで、完全休業宣言

からっぽの自分を満たそうぞ。
そのうち、心の底からやりたいことも出てくるっしょ。

とりあえず、今は腱鞘炎になるぐらいお絵描きしたい、
けど、それ以前に右手が痺れて満足な線の一本も引けないから、右手のしびれや体の痛みを治す!

何度見ても泣ける。

いつか ここで生きていたことなど 忘れちまうから、ねえ
触れて狂える 泡沫の日々をよく見ておくよ

スポンサーリンク
レクタングル(大)