犬が嫌いな10の理由

※2016.9.18 一部加筆&修正

日本では、子どもの数より犬猫の数の方が多いらしい。

実際、SNSでつながっている知人・友人に犬や猫を飼っている方はたくさんいて、折に触れては犬の写真や猫の動画をこぞって投稿されている。

みんな好きだね〜。

ご多分にもれず、子ども達はペットショップのショーケースを覗くのが好きだ。
だが、私はガラス越しにコロコロふわふわの子犬達を見るだけで怖気が走る。
いくら子どもに「この子犬が欲しい」とせがまれようと、断固拒否。
首根っこ引っ捕まえて、ペットショップから引き離す。

その理由を挙げようと思う。

犬が嫌いな10の理由

1.くさい/舐めてくる

毛むくじゃらのケダモノをいくら洗っても、その独特な匂いは消えないのである。
しかも、わざわざ臭いところに体を擦りつけるのが好き。
ドブ川に自ら飛び込むくらいに水遊びは好きなくせに、ヒトに水をかけられるのは大嫌い。
後から洗われるのが嫌なら、ドブに飛び込むんじゃねーよ!!と、いくら言ったとしても学習してくれない。所詮、ケダモノ。

さらに、消臭のために消臭スプレーを使うと、モノによっては犬猫に有害で、内臓疾患を引き起こすらしい。
くさいの消すために、医療費がかさむんかよ…。

猫の爪とぎと同じくらい、犬といえば舐めるのが性分。
ベロベロねちょねちょ舐められると気持ち悪い。
しかも決まって、奴らは顔の、しかも口を目がけて舐めにくるのである。
ベロチューなんて、まともな貞操観念がある人間なら、最愛の人とだけに限定したいところだ。

あと犬種によっては、ヨダレがすごい。
体臭以上にヨダレの匂いは非常に強烈である。(特に療養食のレバーペーストを食べた後)
友人宅で何度、
「お願い、◯◯さん、匂い嗅ぐついでにヨダレ押し付けんのやめて。やめてってば。アーーーーー!!」
ってなったことか。

車に乗ってる時に窓から顔を出して、はぁはぁしてる時のヨダレもすごい。
シートがベチョベチョ…。そして、リバース。リバース、リバース…。最後は、しこたまくさい胃液のみになる。
後始末が大変。。。。。。。

2.噛む

これのせいで、犬が怖い、嫌いだという人は少なくないだろう。

たとえ家族には平気でお腹を見せてヘラヘラしているような輩でも、家族以外には(下手すると家族内の「これ」と認めた人以外の家族にすら)、
「指一本触れたら許さねーゾ!!」
というヤツがいるのである。

うっかり「このお腹、メタボじゃね?」って、指先でツンってしただけで、手をガブリである。
分かった、悪かったよ。
パーソナルスペース侵した上に、ハラスメント発言して、ホントすまんかった。
って、いくら謝っても、覆水盆に返らず。
振り向きざまにお尻までガブリ。

で、ときには家族ですら、そのことを知らないこともある。
「うちの子は噛まないから、大丈夫」
の一言に油断してはいけない。

家族がそのことを知っているなら、まだいい。……というわけでもない。

ずいぶん前になるが、子ども達と外出していたら、妙齢のご婦人と柴犬が信号待ちをしているところに出くわした。
自分たちも信号待ちのために近づいたら、柴犬の方からフンフンと鼻を鳴らして近づいてきた。
犬好きの二男がさわっていいのかなぁと逡巡していると、信号を気にしていたご婦人がやっと柴犬が自分の側から離れたことに気づき、
「あ、この子噛むから、さわっちゃダメよ」
とリードを引いた。

いやいやいやいや、じゃああああ、なんでそのピロピロ伸びるリードのロックしないで、目を離してんのぉおおおお!!??

野犬に襲われるのでもなければ、せめてリードのついている飼い犬には噛まれたくないもんである。

あ、もちろん、ヒト側もマナーを守って、積極的に噛まれにいくような行動は慎むべきである。
メタボ指摘して、ごめんてば。

3.散歩しなきゃいけない

ところでイマドキは、小型の室内犬の場合は、散歩で外出することもなく、終生完全に屋内で暮らすということもあるんでせうか?

ある程度の大きさ以上の犬なら、運動不足になるので、毎日の散歩は欠かせない。

雨が降ろうが、雪が降ろうが、強風だろうが、だ。
自分が病気になっても寝込んでも許してはもらえない。散歩代行してくれる人がいる場合は除く。
散歩に連れ出さない限り、奴らは諦めるということを知らず、いつまでもクンクン、キュンキュン、ヒンヒン鳴き続けるのだ。
その鳴き声に耐えきれなければ、たとえ深夜2時だろうとも起き出して、着替えて、眠い目をこすりながら、やっと散歩に出してもらえた嬉しさで全力疾走をかまそうとする犬に引きずられることになるのである。

いっそお前一人で行けよ…と、リードを手放そうかという思いが脳裏によぎったりするが、交通事故に遭ったり、他人様の家の庭を荒らしたり、うっかり傷害事件なんぞ起こされると、後々面倒なことになるので、グッと堪えてリードを握り直すのである。

ってか、うちの近所をときどき気ままに一人散歩してるこげ茶の小型犬よ、 轢かないために減速してるのに、クルマに近づいてくるのはやめてくれ。

オレを加害者にしないでくれ(泣)

4.躾が大変

犬畜生といえど、人間社会の中であたかも家族のように暮らすんだから、最低限の社会性は身につけていただかなくては困る。

トイレ、ご飯、名前を呼んだら応える、おすわり、ハウス、散歩での歩き方…etc.

言葉で諭して納得してくれるわけではない。
根気強く、不適切な行動をとったら徹底的にシカトをし、好ましい行動をとったら、すかさず裏声で「よくできまちたね〜、ヨチヨチ、いい子いい子」と、ムツゴロウさんばりにワシャワシャ撫で回してやるのである。
なんなら、さっき丁重にお断りしたキスも辞さない勢いで。
こちらの気分で態度を変えてはいけない。

なんせ相手は犬畜生である。人の子ども相手と同じ手が効くとは限らない。(が、基本原理は同じらしい)
時にはプロの手を借りることも必要だ。
そうなると、トレーナーに飼い主自身もしつけられることになる。
往々にして、厳しく叱られるのは人間の方だろう。
そのせいだろうか、世の中にあんまりちゃんとプロに躾られた飼い主が多いようには思えない。

ご飯の躾だけは、うまくいくだろう。
こちらがご飯の準備を始めた段階で、一目散に食卓につき、いつでも準備OKです!!の姿勢で待っていてくれるだろう。

むしろ、「ご飯できたよー」といくら呼んでもゲームに夢中で返事をしない人間の子どもの方が…いや、やめておこう。

5.お金がかかる

ある程度成長すれば、大人と同じご飯が食べれるようになるニンゲンの子どもと違って、ヤツらは終生、専用食である。
今月、金欠だから3食もやしで…とか、オレのご飯をお前も一緒に食うか?というわけにはいかない。

ニンゲンと同じものを食べさせるとその味をしめて、どんどん要求が高くなりかねないから、要注意だ。
玉ねぎや鳥・魚の骨、乳製品…、ニンゲンにとっては何でもない食べ物でも、ヤツらには命取りになる食べ物もある。
いつもお腹を満たしておいてやらなければ、空腹の挙句にゴミ箱を漁って、とんでもないものを口にするかもしれない。

そういうわけで、人間には食べれないドッグフードの為に、毎月食費がかさむのである。
体重が成人並みの大型犬の食費って、男子高校生を養うのと、どっちがどうなんだろうか…。

しかもあいつらは、いつか高校、大学を卒業して、自分で自分を養えるようになるということも終生、ない。
生まれてから死ぬまで一生、養われ続けるだけである。
嗚呼、たまにバイトしたり、競馬やパチンコでマミーより与えられし恵みをごくたまに増やしてる松野家の6兄弟よりも徹底したニートぶり。
うらやまs…(ry

病気になどかかられると大変だ。
ニンゲンと違って、国民皆保険などという制度はない。
基本、医療費は全て自腹だ。

インコの話だが、飛びづらくなったインコを動物病院に連れて行ったら、レントゲンを撮り、
「デブですね。重くて落ちているのでしょう」
という診断を受け、診察とレントゲン合わせて6000円払ったという逸話をTwitterで見た。
デブ診断に6000円。(注:インコ)

ペットのインコが最近飛ぶのが下手になってきた…病気かな…→病院で診察後、思わぬ診断結果が – Togetterまとめ

そんな憂き目に遭いたくなければ、ペット保険に入り、定期健康診断を受けるんだ。
一体、それだけでも年間いくらかかるんだろうか。

6.すぐ大きくなる

コロコロふわふわした子犬の時期など一瞬である。

これ
img_3922
は、
こう

ホッキョクグマホッキョクグマ
はならないが、
これ(17kg。月齢4ヶ月)
%e3%82%b7%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a32

こう(35kg)
%e3%82%b7%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a33
なる。(モデル:飯炊き係の家の白子さま)
4ヶ月の時点ですでにふわふわコロコロを卒業してるから、比較写真としてインパクト薄い件。

コロコロふわふわした子犬を見て「かわいい〜〜」と思ったら、ぬいぐるみを買うべきである。

ぬいぐるみなら、くさくもないし、食費もかからないし、ウンチもしないし、散歩もいらないし、躾もしなくてよくて、終生、そのかわいい姿とふわふわな手ざわりを愛で続けることが出来るのである。

動かないなんてつまらない、というのであれば、声に反応して動くゴマちゃんとかどうでしょう。 キャラクターショップで実物見たけど、超かわいいよ。

それでもペットショップにいるかわいいコロコロふわふわの子犬を家族に迎えたいというなら、一度、「パピーミル」で画像検索してはいかがだろうか。
お望みのパピー(子犬)がいっぱいだよ。

7.吠える(鳴く)

犬畜生といえど、ある程度歳を重ねると、ニンゲンの話している内容をほぼ理解するようになるらしい。

だが、どんなに長く生きても、変化して尾は二つには分かれることはないし、声帯の構造上、奴らからニンゲンの言葉が発せられることはない。

代わりに、わんわん、キャンキャン吠えたり、クンクン、ヒンヒン鳴くのである。

長く生活を共にしていれば、その声音から向こうの言いたいことも段々と判別できるようになるが、近所に住んでいる他人には依然として意味不明の騒音でしかなく、堪ったものではない。

飼い主の留守中や夜中に、延々と犬の意味不明で悲痛な叫びを聞かされ続けるのである。

「お腹空いてるのかな〜」
「散歩(トイレ)行きたいのかな〜」
「飼い主さんはなぜ放置するのだろうか…」

特に窓全開で寝る夏の夜は、遠くから聞こえる犬の泣き声に悶々として眠れなくなるのである。

8.単純バカである

ニンゲンに飼われ続けて野生を失っては、自分で餌をとることも、番の相手を探すこともできず、自らでは種の保存もできない非常に脆弱な種族なのである。
そのため、「主人に忠実」といえば聞こえはいいが、ニンゲンに従うことで生存可能性を高めているだけのことである。
(もともと、狼って群れで生活するしね)

忠実に主人の言いつけを守るがゆえに、犯罪や戦争に使われることもある。
フィクションだが、凍える牙のオオカミ犬が最高にカッコイイ。

ん、んん(咳払い)
犬なんて嫌いだ。

毎日いたぶられても、ご飯をくれたり散歩に連れて行ってくれる限りは尻尾を振って慕ってくる。
なんてバカなんだ。

親に叱られたり、友達と喧嘩して、家から飛び出して八つ当たりして、オレはお前なんか嫌いだって蹴飛ばしても、あっち行けって追い払っても、数分後には、すり寄ってきて涙で濡れたほっぺたをベロベロベロベロ舐めに来るんだ。

いっつもいっつも、ぽこぽこ殴ったり、感情に任せて蹴っ飛ばしたりしても、手を伸ばせば、叩かれるのかとビクッと一瞬は怯んだ後で、撫でられる心地よさにうっとりと目を閉じるんだ。

ホント、バカだよ、お前。

9.何を考えているのか分からない

喜んでるのは、尻尾を振ってるから分かる。
怒ってるのは、鼻の上にしわを作って牙をむき出して唸るから分かる。
楽しんでるのは、全身で表現してくるから分かる。

尻尾を後ろ足に挟んで腰を落とすのは、怯えているから。

悲しいときは…雰囲気で分からんでもないが、具体的に何を悲しんでいるのかは分からない。
目の前でご飯取り上げられたりって、因果関係が即時的なものなら分かるが、何もない時にぼーっとして、時々ふーっとため息つくのは何なんだろうか。

動物愛護センターの檻の中で、一番隅っこにじっと丸まっていたお前は何を考えていたんだろうか。
他の犬達とごっちゃに放り込まれて、病気を移されて、鉄格子ごしに必死に吠えて訴えてくる犬達も多かった中、名前を呼んでも微動だにせず、顔も上げてくれなかった。

職員の人が鉄格子を前後に動かして、他の犬と選り分けて、どうにかこうにか首輪を掴まれて、檻から引きずり出されてもゲンナリした様子で、お前はあの時、何を考えてたの?

自分が世話をしないせいで、知らない間に保健所に送られてたお前。
泣いて泣いて、祖母が折れて、おばさんの車で迎えに行った。

迎えに行く先が、犬が殺されるところだと聞いた時には、どれだけ肝が冷えたか知れない。

動物愛護センターの檻の中にはたくさんの犬がいた。
いっぱいいた。
あのときはお前を取り戻すのに必死過ぎて、「この犬達はもうすぐ全部殺されちゃうんだ」ってチラッと浮かんだ想いを維持することができなかった。

建屋の外には、サークルがあって、その中には子犬もたくさんいた。

おばさんが「こっちの方がかわいいよ。こっちにしたら?」なんて聞いてきたけど、とんでもない。

オレの犬はお前だけ。

なのに、自分は幼過ぎてお前の世話より楽しい方を選んでしまった。

保健所の職員さんが「こうやって迎えに来る人は珍しい。ほとんどいない」と言っていた。
ということは、あそこに、檻の中にいた犬達は、その数日後には全て殺されてしまったんだろう。
老犬もいただろうし、若い犬もいただろう。
病気を移されたってことは、病気の犬もいたはずだ。

家に帰ってきてからもひどい下痢をしていたお前はしばらく元気がなかったね。
お前に病気を移した犬は、治療を受けることもなくツライ思いをしたまま死んだんだ。
あんなに一生懸命、何事かを訴えてキャンキャン吠えてた犬達は、一匹残らず殺されたんだ。

どんな地獄を見ただろうか。
見知らぬ場所に犬ばかりが集められて。
犬同士は話ができるのかな。
これからボク達一体どうなるんだろう、なんて不安を打ち明け合ったりしたのかな。

あんなところに送り込まれる原因を作ったオレを、お前は、本当は、どう思ってたの?
なんであんなことをしたオレにいつまでもなついていてくれたの。

10.自分より先に死ぬ

子供の頃に出会った犬達は、こっちが大人になるのを見届けもせず、必ず先に逝った。
美容室の小さくてキャンキャン高い声で吠える勝気なポメラニアン。
祖父が拾った長毛種の雑種。
◯◯ちゃんちのリュウ、◯◯くんちのリキ…。

そして、例外なく、お前も。

大学を卒業し、実家に戻っていた3月。
声をかけたときの反応がいつもと違った感じがして、目が見えてないんじゃないかと思って病院に連れて行き、「糖尿病かな。もう歳だしね、(これから)色々あるよ」と先生に言われた。
「もう介護が必要な歳か。(自分は就職で遠くに行くし)親に迷惑をかけるな」なんて暢気なことを思っていたが、その日から、あれよあれよと弱っていった。
痙攣し、病院に担ぎ込んだら、黄疸が脳にまで回っていると言われた。
麻酔薬を打たれて、静かに眠ってホッとした。
入院すれば、もって一週間と言われた。
一週間、病院で寿命を延ばしたところで何になる。

二晩ほどずっと付き添ってたが、弟と交代した。
弟の悲鳴が聞こえて、仮眠のために上がっていた2階から駆け降りた。

苦しそうに嘔吐した後、息が弱々しくなって、最後に大きく息を吐いた。

それが最期だった。

翌日、ペット用の火葬場に電話して、車で運んだ。
火葬が終わった後、職員の方に「腹水がずいぶん溜まっていたんですね」と言われた。
そんなことちっとも分からなかったよ。
だって、お前はどこが痛いとか、どこが苦しいとか言わないし。

こんな飼い主に拾われて、お前の犬生は幸せだったのかなぁ。
全然、わかんないよ。

骨は庭に撒いた、らしい。
記憶がない。
でも、土に還れないのはかわいそうだな、っていかにも自分が考えそうなことだ。

首輪の留め金とプレートだけは、大事にとってある。
首輪は、オレとお前をつなぐものだから。

その界隈の人の言い方では、「虹の橋を渡る」って言うらしい。

知らねーよ。
その橋の向こう側はどこだよ。
仏教じゃあ、犬畜生は極楽へは行けない。
キリスト教だって、人じゃないものが天国に行けるって話は聞いたことない。

どこに行ったら、お前に逢えるんだよ。

きっとお前がいるのはきれいなとこだから、少なくとも自殺して地獄に落ちたら、会えねーとは思うから、自殺だけはしない。
オレがどんだけ死にたくなっても自殺しない理由は、そんだけ。

会いたい、会いたい、会いたい。

だから、犬は嫌いなんだ。
見ると、あの姿を思い出すから。
触れると、あの手触りを思い出すから。
匂いを嗅ぐと、あの甘い香りを思い出すから。
舐められると、あの屈託のない顔を思い出すから。

だから、犬は嫌い。

以上、激しいツンデレネタでした。


犬好きの方に知っていただきたい、本当に犬が嫌いな人の犬が嫌いな理由。
愛犬家だからこそ知っておきたい! 犬が苦手な人の気持ち :: PECO(ペコ)
言わせて!犬が苦手な人だっているんです – NAVER まとめ

かさこ塾同期で犬(主にラブラドールレトリバー)の保護活動をなさっている岩田 陽子さん
たった一匹、犬を飼っただけでもこんだけ犬嫌い(笑)になるくらいなのに、きっと今までたくさんのドラマを経験されてきたんだろうと思います。
本当に頭が下がります。
すべての犬の幸せを願って保護活動中☆

このような保護活動もあり、年々、動物愛護センターなどの犬・猫の引取り数も殺処分数も減少傾向です。
環境省_統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」 [動物の愛護と適切な管理]

ですが、それでも年間およそ15万頭の犬・猫が収容され、およそ10万頭が殺処分されています。
殺処分ゼロを目指す自治体も出てきました。
わざわざそこへ近隣県から捨てに来る人もいるそうで、引取り犬・猫の受け皿になっている保護活動団体は、さらに苦しいでしょうね。

お古の犬・猫でもよいので、引き取りたいという方は、お住いの地域の動物愛護センターのサイトへどうぞ。
譲渡事業についてのアナウンスが掲載されていると思います。
ex.栃木県動物愛護指導センター 譲渡事業

こういう場所で、一生、裏切らないと兄弟の契りを交わす覚悟を持てるくらいに「こいつだ!!」っていうヤツと子ども達が出会えれば、犬を飼うのはやぶさかではありません。

パピーミルの問題のみならず、多頭飼い崩壊なんていう問題もあります。
数年前、知人が多頭飼い崩壊したお宅からレスキューされた犬を飼っています。
最初は犬種も分からぬ程に皮膚病がひどく、怯えた様子でしたが、今では元気に暮らしています。でも、未だに大人には怯えるそうで、心の傷は癒えてないようで心が痛みます。

ペットの生体販売について
ペットショップは日本だけ?海外のペット、生体販売事情
たとえそのお店で子犬・子猫を買わないとしても、生体販売を行っているお店で買い物は一切するな、と、私は友人から教わりました。
そのため、なるべく子どもたち自身がサクラにならないよう、ペットショップで子犬、子猫を見ることは我慢してもらっています。

犬が見たかったら、いつでも白子さんが遊んでくれるぜぇ〜?
舐めようとしてくるときになぜかガバッと口を開けてくる様は、まさに地獄の番犬ケルベロス…なので、トラウマになるかもしれないけどなw
img_4438
img_4441
img_4442
本人はすりすりのつもりが、こっちにとってはドーン!!
君、あと何年したら落ち着くのよ。
大人しければ、うちの二男くらいなら平気で背中に乗せられそうなのになぁ、ロデオになるのが目に見えてるので、未だ邂逅ならず。
散歩の大変さを体験させるには、うってつけの相手なのだが。(市中引き回しの刑かよw)

※ペットロスで犬嫌いになった、犬を飼いたくなくなった話という風に解釈される方がいらっしゃったので、一部、内容を加筆・修正いたしました。(2016.9.18)

スポンサーリンク
レクタングル(大)