右手の痺れ再発

年の瀬も押し迫った頃に始まった右手の中指の痺れ。
かろうじて痺れの広がりは薬指の指先と、親指の付け根に留まってるものの、絵筆持てずの状態続きでフラストレーション溜まってる。

今月認定があるかきかたの練習だけは、意地でも毎朝続けてるけど、さすがに今日はいつも教材3枚のとこを2枚でやめといた。

去年も春休みの帰省中に人差し指の指先から始まって、小指以外に広がり、一番ひどい時は右肩が上がらずの時期とも重なって、食事すらままならない状態に。
箸はもちろん使えず、スプーンを握る握力もないし、腕も上がらなくて口まで運べなかった日もあった(泣)

昨年8月から通うようになった鍼のおかげか、10月ごろには一旦完治したのに〜〜。

ちょっと調子こいて、かきかた(ペン習字)とお絵かきで酷使したからかな。

年賀イラストの仕上げに入った頃に、痺れが始まったので、全力で仕上げられず、無念。

昨年と違って、人差し指と親指はまだ使えるので、iPhone操作はできる。(が、すぐ疲れる)
昨年は人差し指と親指の痺れもひどかったので、iPhoneの画面が剣山に思えた(笑)

iPhoneでのWordpress更新のために、今までiOSが古くて入れてなかったPressSync(アプリ)入れてみた。
(iPad PROでは以前から使用中)

でも、やっぱりこのぐらい文字数打ち込むともうつらいなぁ。

たかが指先を使うのに、腕〜肩〜首まで連動してるのがよく分かる。

Twitter並みの短文になるかも知んないけど、毎日ブログ更新もがんばります…

スポンサーリンク
レクタングル(大)