色校正と少数冊子印刷のススメ〜セルフマガジン講義

昨日、都内で行われたセルフマガジン講義に行ってきました。

セルフマガジンとは | 日本セルフマガジン協会

前日にかさこさんの手元に届いたというかさこマガジン最新号を通常発送ルートよりいち早くゲット〜。
通常発送される方は、月末頃に届く予定のものです。

ご本人より、「この画像を使え(とは言ってない)」とご指定がありました。

かさこさんのセルフマガジン(かさこマガジン)は送料も無料で送ってもらえます。お申し込みはコチラ

昨年、かさこ塾受講中に、前作と前々作をいただきましたが、実は休職してから色々とお世話になっているとある方は、「1号から送ってもらってます」とのこと。
さすがそのスジに詳しい人は、しっかりかさこさんを押さえてるよ。(どのスジだ…)

講義内容は、さすが元編集者。
初めて作る人を対象に、冊子形式の印刷物の作り方を(あまり専門的にはなり過ぎず)、ギュギュッと押さえるところは、しっかり押さえられてました。

個人的にツボった話第1位は、色校正。

マジ色校正は大事。
RGB(ディスプレイ表示用の色設定)で描いた年賀イラストをJPEGに変換した時点で、ショボ〜ンだったけど、さらにコンビニのネットプリントで出力したら、「…そうなるかorz」って何度かコンビニを往復する羽目に。

ちなみにアナログ印刷用の色指定はCMYK。
なんのこっちゃ分からん人は詳しい人に教えてもらうか、丸投げするのが吉。
デジカメで写真を撮るなら、RAW形式も残しておいて欲しいところ。

そうだ!!色校正がめんどくさければ、モノクロにしちゃえばいいんでないかい!?(新聞チラシですらフルカラー印刷の時代にw)
それは冗談としても、要素の配置バランスを見るときはイキナリ色は置かない方がいい。

(実力が分かっている)デザイナーの知り合いが一人いると、色々重宝すると思います。
私には、「神様、仏様、◯◯様」がいらっしゃるので百人力です。
かさこさんが頼まれたデザイナーさんといい、腕利きのデザイナーさんの仕事の早さはすごいよ。
足向けて寝れない。

そうそう、講義中にどこに頼むか、いくらぐらいか説明があった印刷。
「印刷屋さんに頼むのは敷居が高い」、「そんなにたくさん部数はいらない」、「急に少数部必要になった」…という場合には、セブンイレブンのネットプリントで冊子印刷が個人的にはオススメかと。
画質は安い家庭用プリンターよりはマシ(高い家庭用プリンターと同等)程度ですが、価格は少ない部数なら印刷所に頼むのと同じくらいです。
印刷所に頼む前の出来上がりの感じを確かめるのにもいいかもしれない。

なんでそんなこと知ってるの?はリンク先を見て、推して知るべし(笑)
セブン‐イレブンのマルチコピー機で同人活動をもっと手軽に・もっと楽しく!

二次創作界を覗くと、印刷関係やお絵描き関係の情報満載で勉強になる(個人的に)

ちなみに確か、スライド資料はかさこ塾生なら塾生オンリーのFacebookグループで公開されていたはず。
マジ、塾生はお得だわ。

↑ありませんでしたorz
代わり(?)にデータ販売があります。
セルフマガジン講義再録データ販売!

その他、かさこ塾や2時間凝縮ブログ術講義の予定は好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログに載ってますので、気になる方はご確認を。

どっちかってーと、自分のを作るというよりは、将来的には人のを作るお手伝い側の仕事をしたい自分としても、色々と勉強になりました。

無料講義をしてくださったかさこさん、場所を提供してくださったドコモ・イノベーションビレッジさん、ありがとうございました。

(いやー、オープンイノベーションな無料講義を週2回も定期的に開催してるのいいな。
某所で来月から始まる講座も、そのぐらいがんばって地場産業と協働とかしたいッスね)

スポンサーリンク
レクタングル(大)