iQOS使ってみた(個人的メリットとデメリット)

先日、某所で「伊藤さんはiQOSにしないんですか?」と聞かれたときに、
全力で「しない!!」と否定したのに、
その数日後、旦那がウキウキで「ママへのプレゼント!」とiQOSを買って帰ってきた。

たまたま会社で「(近所のスーパーに)iQOSが入荷してた!!」と聞いたらしく、退社時にその足で買ってきたらしい。
(さらに、いまちょうど3000円キャッシュバックキャンペーン中らしいッス。)

今までiQOSにしなかった理由は、
「フィリップモリス社だから」
オレが吸ってんのは、アメスピ(ナチュラルアメリカンスピリット社)。

タバコを吸わない人は(吸う人でも)知らないと思いますが、日本で売られているタバコメーカーはJT(日本たばこ産業)だけ。
ではありません。

たばこの銘柄一覧(wiki)

iQOSはフィリップモリスだから、フィリップモリスの銘柄のフレーバー(マールボロ系)しかないわけ。

昔はマールボロ・メンソールも吸ってたけどさー。

まぁ、せっかく旦那が買ってきたし、試してみました。
フレーバーはマールボロ・ミント。

使ってみてのメリット&デメリット

メリット

  • 灰が出ない。落ちない
  • (タバコからは)煙が出ない

というわけで、寝タバコによる火事の心配はなさそう。
灰を落とす、火をもみ消す動作が不要なので、今後は旦那が車でタバコを吸うのに使うとのこと。

デメリット

  • 味が変??(マールボロ・ミントってこんななの??)
  • 一本がすぐ終わる(iQOSは6分or14吸いで一本終了※)
  • 次の一本を吸うために再度、充電が必要(?。まだよく使い方が分かってない)
  • 以上、吸いごたえが無い
  • 余談。ハード面でのトラブルが多そう(兄貴が使ってたのを見ての感想)

※アメスピは燃焼促進剤が入ってないので、ほっといても燃え尽きない。他のタバコの2倍くらい長持ち。

最後に、
普通のタバコと同じなのは、呼気からは煙が出る。

タバコから常にモクモク煙(副流煙)が出ないだけマシなのかなぁ。
ぶっちゃけ、フツーのタバコがあんなに勢いよく燃えるのは、燃焼促進剤のせいだと思うが…。

その燃焼促進剤を入れる必要がない分、iQOSの方が添加物は少なそうだけど、
喫煙者が吸い込む有害成分は成分ごとにフツーのタバコより多かったり、少なかったりするらしい。

灰や副流煙が出ないのはいいけど、やっぱり個人的にはいらないー(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)