芝生復活作戦(梅雨入り編)

昨年、9月シロツメクサ(クローバー)の除草の続き(?)。

温かくなってまたちょろっとシロツメクサが生えてきましたが、4月かな〜、再度シロツメクサ専用の除草剤を散布し、ほぼほぼ根絶に成功。
クローバー畑になっていたところでは芝が生存競争に負けて、地面が見えていた。

剥き出しの地面に今度は雑草がはびこり、前よりひどいジャングルにwww

そこで今度は旦那が、刈り払い機で草刈り後、芝は枯らさず雑草だけをやっつける除草剤を撒いた。

わーい、草一本生えてない荒野だぜ!



求めてるもんとチガウ…

この状態になったので、旦那にいつ芝を張る気なのかと尋ねたら、「時期を外したらしく、ホームセンターに種が売ってない」と言う。

調べたら、芝の種まき時期は、3〜5月。

一昨日(6/7)に関東も梅雨入りしたっちゅうねん。
あーあ。

さらに芝生の育て方について調べていると、『今』にぴったりの方法を発見!

本来、生えて欲しくないところに延びた芝を再利用して、移植するという手もあるらしい。
しかも、梅雨のこの時期、水やりの頻度も少なくて済むのでちょうどいいらしい。

というわけで、玄関脇に侵食していた芝を移植計画発動!!
玄関脇〜和室の前(濡れ縁の下)は、黒い織物の防草シートを敷いてその上に砂利を載せてたのに、防草シートの上から芝生に侵食されて荒れ放題。
玉砂利もあるし、狭いしで芝刈り機も刈り払い機も使えないのでほったらかし。

防草シートごと四角く切って、芝を引っぺがし…(写真は引っぺがした後の場所(日陰)と芝生を剥ぎ取った後の防草シート)

荒野になった庭の地面をちょっと耕して、防草シートと玉砂利を取り除いた芝を土となじませて置いて、水やりして完了(?)

これで枯れずに根付いたら、玄関脇〜和室の前の延び放題の芝の一掃と禿げた庭への芝はりが一石二鳥だぜ!!
玄関脇〜和室の前の芝の除去が終わったら、今度は織物の防草シートじゃなくてゴムシート貼ろう…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)