VALU、個人的最初の一週間のまとめ

VALU公開初日から、優待のアイデアは温め始めていました。

「こんなテイストの絵を描きます」というつもりで自分で描いた絵からよさそうなのをプロフ画像に設定。

ちなみにこちらの猫の絵、とある方にお見せしたところ、普段、おそ○さんの話をしたり、おそ○さんの絵を描いてばかりいたせいで、
「ニャロメに見える(おそ○さんへの愛と同じくらいの愛を感じる)」
と言われました。
セリフ入りバージョン。

プロフ画像に猫を設定したら、背景画像はねこあつめだし、ワタクシ完全に猫になっておりました。

記念すべき猫キャラ誕生は、アメリカの独立記念日だったわけですね。味わい深い。
人間だったのは、1.5日間のようです。(猫暦の方が長い…)

Twitterは犬、Facebookは人間、VALUは猫。さて、正体はどれでしょう…?

ビットコインをVALUに移して、VA売買を始めた初日は7/5(水)。

最初のVALUERさんは、この一言で私の背中を押した湯浅さん。

そこから5VAずつ出したら完売し、金曜日には1VAだけ出したらそちらも即売れました。

他の方のVAを購入してかなりお小遣いを減らし、「表示上、0BTCで肝が冷える」というようなことをニャーニャー言ってたら、すごい人がきました。

それまで11VAしか売れてない猫(仮)に、イキナリ30本も与えようとしないでください(笑)

もっとニャーニャー騒いでたら、「猫さん、面白いですね」と、さらに購入注文が入り、
システムを理解していないが故のミスを犯し、それを取り返せるようにさらに購入注文を入れていただきました。

おかげさまで、手持ちは0BTC(見かけ上)ではなくなりましたが、頭の軽い猫(仮)は四捨五入にうっかり騙されそうになります。
有効数字1桁だと、0.4は0(見かけ上)。0.5は1(見かけ上)。
有効数字、2桁は欲しい…。

結果的に、VALUを始めた最初の一週間(実質3日)でVALUERさんが9人になり、14VA売れました。
ちなみに昨日の15時の時点で14人の方のVAを保有しているとの記録が残っています(が、その後は定かではありません)。

無名・無職の猫(仮)がペットボトル価格のVAを売り出したら、こんな結果になりました。
3日で14本もペットボトルジュースを飲んだら、血糖値の乱高下で死んでしまいます。(糖質ゼロのを選べやって話ですが)
来週は、既存VALUERさん向けの優待を発表予定です。
追加でVAを売り出すかは、色々思うところがあったり、作戦を練りたい(色んな人の意見も聞きたい)ので、しばらく保留とさせてください。

できれば、購入注文も控えていただけると助かりまーす。
(VA公開を休止する機能はなさそうなので、完全にVALUユーザーさん頼み)

【広告】誰かのVALUを購入するためのBTCを購入するのに必要なBTC口座、私はbitflyerで作りました。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)